Array ( [0] => stdClass Object ( [id] => 1 [company_id] => 6 [image_url] => company-6-TMTT-TOP-01.jpg [image_link] => [image_popup] => 0 [slide_id] => 1 [slide_list_name] => all ) [1] => stdClass Object ( [id] => 1 [company_id] => 6 [image_url] => company-6-TMTT-TOP-02.jpg [image_link] => [image_popup] => 0 [slide_id] => 1 [slide_list_name] => all ) [2] => stdClass Object ( [id] => 1 [company_id] => 6 [image_url] => company-6-TMTT-TOP-03.jpg [image_link] => [image_popup] => 0 [slide_id] => 1 [slide_list_name] => all ) )
  • ホーム
  • >
  • ニュース
  • >
  • 東京マシン・アンド・ツールで活躍する営業スタッフのこれまでの成功ストーリー!(2)


東京マシン・アンド・ツールで活躍する営業スタッフのこれまでの成功ストーリー!(2)


01/08/2018
サムライ編集部

東京マシン・アンド・ツールは工業用製品の販売商社であり、また、タイにおけるユニオンツールの代理店でもあります。サムライファクトリーでは、東京マシン・アンド・ツールの営業で活躍されているシニアセールス&マーケティングマネージャーのMs. Sukanya Ruangsriさんに、これまでの同社での経験を伺いました。

東京マシン・アンド・ツールで5年以上営業として、製品の販売を経験。


Q. 日系企業とローカル企業で違いはありますか?

前職のタイローカル企業と東京マシン・アンド・ツールの明確な違いがレポートです。以前はレポート作成をした経験はありませんでした。毎日のレポートは、お客様の要望、問題点、そして解決策を知るのにとても役立ちますし、仕事の整理もしやすくなります。


Q. あなたの成功にレポートは影響がありますか?

最初は経験がなかったので、大変でした。レポート作成を始めたばかりの頃は、たくさんの疑問点や質問がありましたが、次第にレポートが私の成功に必須のものだと気づきました。


Q. レポートはどのように役立ってますか?

レポートのため写真を撮ったり、販売やカスタマーサービスを向上させるために、商品のスペックだけでなく全体の状況などもノートにとっています。お客様の要望をリスト化することにより、製品を長く使ってもらえることもあります。例えば、エンドミルをご使用いただいているお客様が洗浄のために化学薬品を使っていました。、その際、手袋が必要なことに気づき、現在、私達は工具以外の製品の提供を開始して、ワンストップサービスを行っています。


Q. お客様の細かいところに注意を向けるのは、ビジネスチャンスに繋がりますね?

はい、確かに!本当に売上を向上させる秘訣だと思います!


Q. 毎日のスケジュールを教えてください。

朝8時に、昨日訪問したお客様の要望や問題点、製品配送、新しい製品などに関するミーティングを行います。それから、その日に訪問するお客様について話をします。通常は、4~5社のお客様を訪問して、お客様とニーズや解決策について話をします。私達は先を見越して優位性があるように心がけていますし、いつも新しいお客様を探しています。


すべての工程をサポート!


Q. お客様のロケーションを教えてください。

ほとんどのお客様は、チョンブリ、ラヨーン、アユタヤ地区になります。お客様とは、電話もしくはLINEなどのSNSでやり取りをしており、オーダーや配送依頼は、オンラインで行います。たまに条件が合わない場合もありますが、その場合は交渉が必要になります。


Q. 製品のアフターケアについてはいかがですか?

製品を配送後、お客様に製品を正しく使用していただくため、トレーニングを用意しています。私達は、お客様により製品について理解するために正しい製品知識が必要です。そのためには、まず私達が製品について、より理解を深めないといけません。
例えばエンドミルについて、お客様に正しく伝えることができなければ、弊社や製品に対して、悪い印象を与えてしまいます。もし、お客様が青色のペンが欲しいのに間違って鉛筆を送ってしまった場合、代わりの使い方をお伝えしても、代替にはなりません。ですので、私達はお客様にミスをお詫びし、正しい製品を再度ご提案することになります。


Q. タイローカル企業、日系企業のお客様とお付き合いする上で、何か工夫されていることはありますか?

私達にはタイローカル企業と日系企業のお客様がいらっしゃいます。お客様からの信頼を得るために、私はエンジニアの近くで仕事をし、特に工場で働く女性のために豊富な知識が必要ですので、私はさらなる勉強と知識、経験の向上がより良いサービスのために必要だと思っています。


Q. 今の仕事に関係のあるマーケティングやエンジニアリングの勉強はされてきましたか?

まだまだです(笑)。大学ではHRと会計の学位を取得しましたが、今は営業の仕事ですので(笑)。けれども、私の知識やスキルを今の仕事に順応させられていると思いますし、お客様との交渉に心理面でも対応できるようになりました。お客様との交渉後には、私はお客様がどのように弊社製品やサービスについてお考えかを理解できます。

すべての場所にサービスをお届けします。


Q. 御社製品の魅力は何でしょうか?

エンドミルをはじめとした切削工具が弊社の主力製品です。魅力は何と言っても、優れたコストパフォーマンスです。また、ユニオンツールは適正な価格と優位性のある豊富なラインアップを取り揃えております。


Q. この仕事の一番の楽しみは何でしょうか?

お客様とお会いして、お話することがとても楽しいです。不思議に思うかもしれませんが、お客様と話をしない日があると寂しく感じるときがあります。なぜなら、お客様と友人のように接するようになって、もう12年になりますから。


Q. 趣味は何でしょうか?

料理です!特に自分で作ったタイのイサーン料理はフェイスブックなどでシェアしてます。フェイスブックの友人には、お客様もたくさんいますので、私生活の投稿などにLIKEやコメントをしたりしてます。


Q. 今後、タイの製造業はどのようになると思いますか?

私はタイの製造業は、今後も、より良くなると考えています。弊社のビジネスも伸びておりますし、お客様からも順調だとの声をよく聞きます。けれども、私達はタイの製造業に関する知識を絶えずアップデートし、サービスを向上させて、今後のマーケットの動きにも適応していく必要があります。そのためにも、今後も努力を積み重ねていきたいですね。



お問い合わせ

下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

お電話、Eメールでもお受けしております。

運営会社であるKOA-SHA (THAILAND)(以下「当社」)は、当社が提供する各種サービス(以下「本サービス」)において、以下の通りプライバシーポリシー(以下「本ポリシー」)を定めます。

個人情報の定義

本ポリシーにおいて「個人情報」とは、生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等により特定の個人を識別することができるもの(他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別することができることとなるものも含む)を指します。

個人情報の取得

当社は、適法かつ公正な手段によって個人情報を取得します。

個人情報の利用

当社は、個人情報を、以下に示す目的の範囲内で、業務の遂行上必要な限りにおいて利用します。

  • 本サービスのユーザ個人に対して最適化された情報を配信するため
  • 統計的分析により本サービスの品質向上に役立てるため
  • 本サービスに対するお問い合わせへの対応のため
  • 各会員企業へのカタログダウンロードからの情報の提供
  • 本サービスに関するアンケートを実施するため
  • 当社の実施するキャンペーンや新製品等に関するご案内をお送りするため
  • その他、上記の利用目的に付随する目的
クッキーについて

当社は、本サービスサイトにおいて、クッキーを利用します。また、広告システムの一部においても、クッキーを利用することがあります。クッキーとは、ブラウザとサーバとの間で送受信した利用履歴等を、利用者の端末にファイルとして保存する技術です。利用者が、当社がクッキーを利用することを望まないときは、ご自分のブラウザにおいて、クッキーを拒否するよう設定することができます。ただし、クッキーを拒否した場合、ウェブサイトにおける本サービスの利用に際し、影響が生じる可能性があります。

個人情報の第三者提供

当社は、法令に定める場合を除き、個人情報を事前に本人の同意を得ることなく第三者に提供しません。

なお、当社は、次の場合には、個人情報にアクセスし、これを第三者に開示することがあります。

  • 利用者本人の同意がある場合
  • 法令または裁判所、行政機関等の法令に基づく判決、決定、命令等により開示を求められた場合
  • 当社の権利または財産を保護および防御するための措置に合理的に必要な場合
  • 当社やお客様、またはその他一般の人々の生命、身体または財産を保護するために必要な場合であって、利用者の同意を得ることが困難であるとき
  • 公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要な場合であって、利用者の同意を得ることが困難であるとき
  • 国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、利用者の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき
  • 統計的データなど利用者本人を識別することができない状態で開示・提供する場合
個人情報の管理
  • 当社は、個人情報の正確性を保ち、これを安全に管理します。
  • 当社は、個人情報の紛失、破壊、改ざんまたは漏えい等を防止するため、適正な情報セキュリティ対策を講じます。
  • 当社は、運営体制の整備や社員の教育等を通じて、個人情報を適切に管理し、個人情報の紛失、破壊、改ざんまたは漏えい等に対する予防措置を講じます。
個人情報の利用目的の通知、開示、訂正、利用停止等の求め

当社は、個人情報について、開示、訂正・追加・削除、利用停止・消去、第三者提供の停止または利用目的の通知にかかるお客様ご本人からの申出があった場合には、申出をいただいた方が本人であることを確認の上、個人情報保護法の定めにしたがい、誠実かつ速やかに対応します。

なお、申出が個人情報保護法の定める要件をみたさない場合、または、個人情報保護に関する法律、その他の法令により、開示等を拒絶することが認められる事由がある場合には、申出に沿えないことがあります。

また、開示等の求めに対してお客様から当社に支払っていただく手数料等はありません。ただし、お客様から当社宛の通信費、交通費および上記に定める本人確認の際にお客様側で資料等の準備を行っていただく際に発生する費用等については、お客様の負担とさせていただきます。

プライバシーポリシーの改定

当社は、個人情報の取り扱いに関する運用状況を適宜見直し、継続的な改善に努めるものとし、必要に応じて、本ポリシーを変更することがあります。変更後のプライバシーポリシーは、本サイト上で随時公表するものとします。

お問い合わせ先

当社の個人情報の取り扱いに関するお問い合わせは、msato@koasha.co.th 宛にお願いいたします。

2020年9月20日 制定

プライバシーポリシーの内容を確認し、同意します。
Please Wait
ニュース Other News
Contact Us

Office
Tel: +66(0)2-272-3252

小島 Kojima
Mobile: +66(0)81-930-9579
Email: t_kojima@tokyo-mt.co.th

News Categories
特集
当ウェブサイトでは、サイトの利便性向上を目的に、クッキーを使用しております。
詳細はクッキーポリシーをご覧ください。サイト利用を継続することにより、クッキーの使用に同意するものとします。