Array ( [0] => stdClass Object ( [id] => 1 [company_id] => 6 [image_url] => company-6-company-6-em_c1.png [image_link] => [image_popup] => 0 [slide_id] => 1 [slide_list_name] => all ) [1] => stdClass Object ( [id] => 1 [company_id] => 6 [image_url] => company-6-company-6-UDC003-1.png [image_link] => [image_popup] => 0 [slide_id] => 1 [slide_list_name] => all ) [2] => stdClass Object ( [id] => 1 [company_id] => 6 [image_url] => company-6-company-6-UTDF_3-2-1.png [image_link] => [image_popup] => 0 [slide_id] => 1 [slide_list_name] => all ) )
  • ホーム
  • >
  • ニュース
  • >
  • 銅切削が必要な自動車部品・半導体部品メーカー等に朗報! 銅電極加工専用エンドミル『DLCLB』型番追加と価格改定

銅切削が必要な自動車部品・半導体部品メーカー等に朗報! 銅電極加工専用エンドミル『DLCLB』型番追加と価格改定

06/10/2021
小島 貴行
General Manager

▲銅加工用ロングネック ボール エンドミル『DLCLB』

日本で行なわれた工作機械関連展示会『メカトロテックジャパン2019』で初めてお披露目された、ユニオンツールの銅加工用ロングネック ボール エンドミル『DLCLB』は、銅専用の超硬エンドミルです。
銅は加工時に「バリが出やすい」「溶着しやすい」等の扱いづらい特性がありますが、タイでDLCLBをお使いいただいているお客様からは、「加工精度が向上した」「刃具の寿命が延びた」といった声をいただいています。

現在、DLCLBは発売当時の47型番から71型番へと種類が増え、さらに価格改定も行なわれており、よりお求めやすい価格となっています。
自動車部品メーカー・半導体部品メーカー等、銅電極加工に専用のエンドミルが必要なお客様にとって、今まで以上にお求めやすく利便性が高い製品となっています。


銅加工用ロングネック ボール エンドミル
『DLCLB』の代表的な3つの特長


Long Neck Ball End Mills for Copper Electrode Milling

①優れた耐溶着性
DLCコーティングの採用により、耐溶着性が高く、バリを抑えることができます。

②高い耐摩耗性による長寿命
DLCコーティングの採用により、摩耗・損傷を小さく抑え、刃具の長寿命化を実現しました。

③長時間の高精度加工が可能
高精度な外径交差・R精度の実測値入りラベルを採用しています。
(ケースラベルに外径交差・R精度の実測値を記載)
・高精度シャンク径交差 0 / -0.004 mm

長時間の銅加工に使用しても、従来品より遥かに工具摩耗・損傷が小さく、安定した加工が可能です。


タイでも、銅加工専用工具を使用しているお客様からのご要望が年々増えてきました。ラインアップ拡充・価格改定したこのタイミングで、ユニオンツール製 銅電極加工専用エンドミルを、ぜひ一度お試しください。
タイ人セールス スタッフもおりますので、タイ人同士でのご相談にも対応いたします。

▶︎DLCLBのカタログはこちら


タイでマシニングセンタ等に使用するエンドミル・プリント基板用工具をお探しの方は、下記フォームよりお問い合わせください。



お問い合わせ

下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

お電話、Eメールでもお受けしております。

ニュース Other News
Contact Us

Office
Tel: +66(0)2-272-3252

小島 Kojima
Mobile: +66(0)81-930-9579
Email: t_kojima@tokyo-mt.co.th

Categories
特集