• ホーム
  • >
  • ニュース
  • >
  • 【ミツトヨ × 宇野マシナリー】 製造ラインなどの現場に設置できるCNC三次元測定機 「MiSTAR555」をタイ、ASEANなどで発売!

【ミツトヨ × 宇野マシナリー】 製造ラインなどの現場に設置できるCNC三次元測定機 「MiSTAR555」をタイ、ASEANなどで発売!

08/07/2020
サムライアジア編集部

宇野マシナリー(タイランド)は、ミツトヨのCNC三次元測定機や表面粗さ・輪郭形状測定機などの販売を手掛けている。
本稿では、同社の冨重 幸嗣MDと、ミツトヨ(タイランド)の角 太一セールスマネージャーに両社の強みと、新たな価値を持つCNC三次元測定機について話を伺った。

(左)ミツトヨ(タイランド)/角 太一 セールスマネージャー
(右)宇野マシナリー(タイランド)/冨重 幸嗣MD
(中央)ミツトヨ製の新製品 「ショップフロア型CNC三次元測定機 MiSTAR555


―まずは、両社の長年の信頼関係についてお聞かせいただけますか。

冨重:宇野マシナリーの本社の創業時(1952年)からミツトヨと販売代理店契約をしており、取扱い製品の中で最も販売しているものが同社の測定器です。
当社がタイに進出したときにも、三次元測定機をタイで販売させていただきたいと、ミツトヨ(タイランド)を訪問したことを覚えています。

角:ミツトヨの新入社員は、宇野本社のベテラン営業社員に販売目線で色々なことを教えてもらっています。
逆に、当社のベテラン営業社員もメーカー目線で宇野の新入社員にレクチャーしているので、互いが高め合う良い関係ができていると思います。

冨重:密にコミュニケーションを図っている点は、当社とミツトヨの強みですね。

―メーカーと販売代理店として、その他に行なっている活動はありますか?

冨重:定期的にミツトヨのタイ人スタッフから提案をいただいたり、当社のスタッフに製品説明をしていただいています。
新しいスタッフが入社すると、ミツトヨさんのスタッフが製品の仕様など、長時間をかけて詳細に説明してくださいます。

角:「お客様のために、どういう製品を作ったほうがいいか?」という開発に関する両社の意見交換は重要です。

―数ある代理店の中で、宇野マシナリーの強みはなんでしょうか?

角:宇野マシナリーは、“測る”ということに関しては、我々よりプロフェッショナルです。
測定機を使いこなしており、我々が「これ、どうやったら測れるの?」と冨重さんに質問することもあります。
また、宇野は測定機器の専門商社なので、単なる販売だけでなく、お客様の課題に応じた最適な製品選定も行なうことができる。日系もタイの顧客も宇野マシナリーを頼りにしています。

―今回ご紹介する、MiSTAR555(ハーハーハー)の特長は?

角:今までは、精密機器である三次元測定機を現場に置くことはできませんでした。
できたワークを現場から測定室に運んで、そこで技術者が測定していました。
インライン用のMiSTAR555は、現場に設置することができます!これは画期的なことです。

冨重:三次元測定機のヘッドが振れるというのも大きな特長です。360度曲がります。
他メーカーにはこの機能がないため、測定の度にいちいちワークを動かさなければいけないんです。
展示会でMiSTAR555を初めて見たときに、これはPRする時にウリになるな、と思いました。
実際にヘッドが動いているところを見たら、みんなビックリすると思いますよ。

▲METALEX 2019会場に展示されたMiSTAR 555(手前左)


―油まみれの生産ラインの中に、三次元測定機が置かれているのは、すごい光景ですね。

冨重:ラインの中に測定機を置いている現場を見たことがあるのですが、測定機の周りを壁で囲って、そこにエアコンを点けている。
それではインラインとは呼べませんよね(笑)

角:MiSTAR555は、室温40度でも測定可能です。
それに、生産ラインのワーカーが直接操作して計測することを考えて、操作系は非常に簡単です。
タッチパネルのボタンを1回押すだけです。

―今回、MiSTAR555(ハーハーハー)をどんな業界に販売していきたいですか?

冨重:そうですね…。ティア1~ティア3くらいまでの自動車関連会社に販売していきたいと思います。

角:それと、自動車業界以外では、電気・電子になりますね。あとは、家電メーカーにも活用頂きたいです。
直近では、電気・電子分野の需要が高まることが確実なので、その分野に積極的にPRしていきたいと思います。

角 太一 Taichi Sumi(左)
ミツトヨ(タイランド)Sales Manager
ミツトヨ(ヨーロッパ・ドイツ)2015年~約3年の駐在を経て、2018年5月よりタイに赴任。
冨重 幸嗣 Koji Tomishige(右)
宇野マシナリー(タイランド)Managing Director
1996年宇野株式会社入社。2002年にタイに赴任し、現地法人を立上げ。2006年に日本へ一時帰国したが、2012年から再赴任し現在に至る。


MITUTOYO (THAILAND) CO., LTD.
東南アジア各国で最新の測定技術ソリューションと質の高いサービスを提供しているミツトヨ(タイランド)。
タイを拠点にASEAN諸国や、オーストラリア、ニュージーランドにも製品を供給している。
主力製品は、三次元測定機、画像測定機、表面粗さ測定機、輪郭形状測定機、真円度・円筒形状測定機、投影機、測定顕微鏡、硬度計など。高精度・高機能な製品が揃っている。



タイで三次元測定機、画像測定機器などの精密測定機器、工業用内視鏡などをご検討の際は、下記フォームまたは電話・メールにてご連絡ください。



お問い合わせ

下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

お電話、Eメールでもお受けしております。

ニュース Other News
Contact Us

Office
Tel: +66(0)2-716-9002

冨重 Tomishige
Mobile: +66(0)91-575-0882
Email: tomishige@uno-thailand.com

野村 Nomura
Mobile: +66(0)81-751-9437
Email: nomura@uno-thailand.com

タイ人スタッフ窓口
Mobile: +66(0)86-328-5622
Email: sales@uno-thailand.com

Categories
特集
News