• ホーム
  • >
  • ニュース
  • >
  • 【対談】肉豚の大群飼育管理用オートスケール「デジトンDT」をタイで発売開始! 宇野マシナリー X 田中スケール(田中衡機工業所) 

【対談】肉豚の大群飼育管理用オートスケール「デジトンDT」をタイで発売開始! 宇野マシナリー X 田中スケール(田中衡機工業所) 

15/02/2019
サムライ編集部

産業・工業・畜産用のはかりメーカーとして115年の歴史と実績を誇る田中衡機工業所がタイ市場で新製品を発表すると聞き、ベトナム法人TANAKA SCALE VIETNAM(田中スケールベトナム)の長谷川ゼネラル ディレクターと、販売商社である宇野マシナリーの冨重マネージングディレクターにお話を伺いました。

◼️長谷川 英利氏(写真左)
TANAKA SCALE VIETNAM(株式会社田中スケールベトナム) ゼネラル ディレクター

2004年株式会社田中衡機工業所入社。大阪営業所を立ち上げ、関西支店へと成長させる。2012年ベトナム工場・ベトナム法人の立上げを担当。2018年12月よりベトナム第二工場を建築中。

◼️冨重 幸嗣氏(写真右)
宇野マシーナリー(タイランド) マネージングディレクター

1996年宇野株式会社入社。福山営業所勤務の後、大阪営業所時代にアジア圏での事業拡大を担当。法人設立準備のため東南アジア各国への出張を重ね、2002年にタイに赴任し、現地法人を立上げ。2006年に日本帰国。2011年の大洪水被害により人手が必要となったタイ法人に2012年から再赴任し現在に至る。


まず、田中衡機工業所のご紹介をお願いします。

長谷川:1903年の創業以来、産業用・農業用のはかり一筋の老舗企業です。当社は、トラック車両を測るトラックスケールと、300キロ〜10トンまでの大重量のものを計測する産業用はかりを得意としています。日本国内ではフロアスケールのシェアNO.1です。

大きなはかりに注力する一方、昔ながらのはかりや小型のはかりの実績もございます。例えば、日本で唯一「さお式はかり」を作り、パン屋さん等で使われる小さな「上皿さおはかり」は、国内で90%以上のシェアを占めています。


田中衡機工業所のアジアでの製品展開について教えてください。

長谷川:2012年にベトナムの自社工場が完成し、そこではかりを生産し、日本やアジアで販売しています。2018年12月にはアジア向け製品を生産する予定のベトナム第二工場を着工しました。今後もアジアでの販売拡大を計画しています。

冨重:田中衡機は日本のはかりメーカーでありながら、ベトナムで生産をしています。べトナムでの生産開始前は、弊社も日本から製品を輸入する必要がありました。トラックスケールも産業用はかりも大きく重いため、運賃が高く、競合の台湾製品の約2倍の値段になってしまう。タイ市場では日本製品の品質の高さは知られていますが、値段が高くて、なかなか手が出ない状況でした。

その様な状況で、田中衡機ベトナム工場が稼働し、日本からの輸入よりも断然安く、日本品質の製品を入手できるようになりました。それを当社、宇野マシナリーで販売させて頂いています。


新製品、オートソーティング装置「デジトンDT」はどのような製品ですか?

長谷川:「デジトンDT」は、豚を計量し、自動で出荷管理をするオートソーティング装置です。従来の養豚は、10頭~30頭程が狭い場所で飼育され、ほぼ身動きできない状態で餌を与えられ育てられていました。しかし、ヨーロッパを中心に、動物愛護や、豚にストレスを与えずに質の高い食肉を生産する観点から、広い敷地で大群飼育する方法が主流になっています。
大群飼育される豚は、餌場に行くためにオートソーティング装置を通ります。その際、規格に合った豚は出荷、規格未満の豚は餌場へと自動で振り分けられます。

近年東南アジアでも大群飼育の流れが強まり、日本では3年前から「デジトンDT」に対する需要が爆発的に伸びています。ベトナムでも問合せが増えており、タイでも同様の需要があると考え、発売を決めました。

冨重:ヨーロッパでは大群飼育がスタンダードのため同様の製品も存在しますが、日本企業でこの製品を作っているのは田中衡機のみです。ベトナムで生産しているため、ヨーロッパ製よりも安価です。また耐久性の面では中国製品より圧倒的に優れています。日本品質の精密さで、豚を傷つけずに計量・ソーティングできることが強みです。



畜産業界の展示会VIV Asia 2019に向けてコメントを頂けますか?

長谷川:VIV Asiaは隔年でバンコクで開催されるアジア最大の畜産業界の展示会です。当社は今回初めてこの展示会に出展します。タイを始めとする東南アジア各国の畜産農家の方々に弊社のオートソーティング装置「デジトンDT」を実際に見て頂きたいです。3月13〜15日、BITECの会場に是非お越しください。

冨重:私も田中衡機ブースで皆さまのお越しをお待ちしております。「デジトンDT」の実物をご覧頂くことで、日本品質の性能と耐久性の高さを確認頂けると思います。


■タイにおける当該製品のお問合せは下記までお願いします。
オフィス
Tel : +66(0)2-716-9002 
冨重
Mobile : +66(0)91-575-0882
Email : tomishige@uno-thailand.com
野村
Mobile : +66(0)81-751-9437
Email : nomura@uno-thailand.com
タイスタッフ窓口
Mobile : +66(0)86-328-5622
Email : sales@uno-thailand.com



お問い合わせフォーム

下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

お電話、Eメールでもお受けしております。

Contact Us

オフィス
Tel : +66(0)2-716-9002

冨重
Mobile : +66(0)91-575-0882
Email : tomishige@uno-thailand.com

野村
Mobile : +66(0)81-751-9437
Email : nomura@uno-thailand.com

タイスタッフ窓口
Mobile : +66(0)86-328-5622
Email : sales@uno-thailand.com

Categories