• ホーム
  • >
  • ニュース
  • >
  • 磁性体スラッジの回収問題を解決!最強のマグネットセパレータ、FINE MAG

磁性体スラッジの回収問題を解決!最強のマグネットセパレータ、FINE MAG

02/10/2018
サムライ編集部

部品の研削加工による微細スラッジを正しく処理しなければ、ワークへの影響はもちろん、工場環境にも悪影響を与える恐れがあります。
本日、サムライファクトリー編集部は、特殊工具の品揃えで定評のある山田マシンツール(タイランド)社にお邪魔しました。セールス・エンジニア部のTREERAWAN様とEKAPOB様に、磁性体スラッジ問題を解決する最強のマグネットセパレータ「ファインマグ(FINE MAG)」についてのお話を伺いします。

山田マシンツール(タイランド)のセールス・エンジニア部のTREERAWAN様(左)とEKAPOB様


サムライファクトリー編集部(以下、編集部):本日はお時間をいただき、ありがとうございます。
早速ですが、ファインマグについてご説明して頂けますか?



EKAPOB:ファインマグは、住友重機械ファインテックのマグネットセパレータです。
マグネットセパレータは研削加工で発生する磁性体スラッジをクーラント液より分離する装置で、ファインマグは磁石配置の最適化による回収能力向上、絞りローラーの強制駆動およびドラム表面の特殊硬化処理(PAT.)による高い絞り性能と長期安定性能維持を実現しています。また日本では業界シェア40%超を占める№1のマグネットセパレータです。


研削加工によるスラッジが、クーラント液とともに流れてタンクを汚している状態


EKAPOB:スラッジは、研削加工時に発生します。発生したスラッジは、機械の中を流れるクーラント液に混入してタンクに戻り、循環して再度加工に使用します。ファインマグは、クーラント液中のスラッジを回収してクーラント液を浄化することで加工製品の精度維持やスクラッチ防止をするだけでなく、タンク内のスラッジ堆積を減少させ液交換頻度およびタンク清掃回数を低減させます。また製品を構成する絞りローラーにより、ドライな状態でスラッジを排出することで、スラッジ廃棄の簡易化、工場環境の美化に貢献します。


他社のマグネットセパレータ(左)とファインマグ(右)


TREERAWAN:クーラント液にスラッジが残れば、そのスラッジは機械内に戻り、再びクーラント液とともに流れ、製品に悪影響を与えます。しかし、スラッジを回収できれば、スラッジは機械内に戻ることはなく、部品のダメージにつながることはありません。


マグネットドラムの表面は特殊硬化処理(PAT.)されていますので、マグネットドラムの表面に傷が付きません。


EKAPOB:スラッジ回収能力が上がれば、クーラントタンクの清掃頻度は少なくなります。工場ではタンク清掃のために製造作業を一時的に停止しなければなりませんが、作業の停止は避けたいですよね。ファインマグを使用すれば、停止回数も少なくなります。

TREERAWAN:ファインマグのマグネットドラム表面は特殊硬化処理(PAT.)されていますので、マグネットドラム表面に傷がつきにくくなっています。ドラム表面の傷はスラッジ絞りの性能の悪化に影響しますので、傷がつかなければ安定した高い絞り性能が長期間続きます。スラッジは乾燥しているほうが処理しやすく、重量も軽くなるので、廃棄コストを低減できます。


ファインマグを導入されたお客様の反応は?

EKAPOB:お客様からは、「タンクの清掃負担が削減された、クーラント加工液の寿命が延びた、研削加工品に与える影響が軽減しエラーが減少した、スラッジを処理しやすくなった」などの感想をいただいています。また、ファインマグは絞りローラー強制駆動方式を採用しているので、スリップすることなく、安定した絞り性能で乾燥したスラッジを排出するのも特長の一つです。

TREERAWAN:他社の製品は、強制駆動方式を使用しておらず、安定した絞りがされないことにより、クーラント液がスラッジボックス内に溜まっている状態がよく見られます。



▲他社の製品とFINEMAGの機能の結果を比較するグラフ(客様からの評価) ※2008年4月に研究した結果

研究条件
・研削作業を行った同じ種類の研削機械によるスラッジを50時間回収
・マグネット力300kgfで回収し、スラッジとともに出てきたクーラント液の量を測ります



回収されたスラッジとともに出てきた油の量を比較したグラフ。青色は回収されたスラッジ。紫色は持出された油の量(2008年4月)


EKAPOB:上記スラッジ回収量と含油量のグラフをご覧頂ください。左から一番目のグラフがファインマグの調査結果です。回収されたスラッジ量(青線)とスラッジに含まれていた油の量(赤線)を比較すると、回収量は多く含油量は非常に少ないことが分かります。一方、他社製品の結果はファインマグほどの実績は出ていません。タンク清掃回数の低減とクーラント加工液の長寿命化、および持ち出しクーラント液の低減で加工液の交換費用は油性クーラントの場合、年間で約4万バーツ節約できたお客様もいらっしゃいます。

TREERAWAN:ファインマグから排出されるスラッジはクーラント液がほとんど含まれておらず、工場環境美化にも非常に効果がありますよ。

 

アフターサービスについては?

EKAPOB:購入後、1年間のアフターサービスを行います。お客様の現場でのチェックはもちろん、お客様が正しく使用できるようにトレーニングも行います。

TREERAWAN:最後に、新製品のお知らせです。ファインマグの新シリーズ「UK型」が発売されました。このマグネットセパレータは史上最強のドラム表面磁力9000ガウスで、超硬スラッジ(タングステンカーバイド)すら効果的に回収できます。タングステンカーバイドはレアメタルのため有価であり、これまでお金を出して廃棄していたスラッジも収入源にもなり、一石二鳥です!
スラッジでお悩みの企業様は、是非お問合せください。


お問い合わせは、038-215784-5 (タイ語)
もしくはホームページにてwww.ymtt.co.th

EKAPOB様、TREERAWAN様、今日はありがとうございました!


メーカー担当より

Yamada Machine Tool(Thailand)様とは、私たち住友重機械ファインテックがタイで営業活動を始めた2012年から、当地で弊社製品の拡販やアフターサービスのフォローをしていただく等、非常に心強いパートナーとして共に活動させて頂いております。
特に各営業担当者様がSales Engineerとしてお客様の現場に入ることで、現場・現物でのお困り事項についてヒアリングし、お客様毎の生の声に対して最善の提案をして頂いております。
私自身も定期的に訪タイをし、都度勉強会などのフォローアップをすることで、YMTT様各営業担当者様のレベルアップに微力ながらサポートさせて頂いております。
今後も最適な提案でお客様のお困りごと解決に役立てるよう、YMTT様と共にサポートさせて頂きます。

 

竹島竜士
住友重機械ファインテック株式会社
クーラントシステム営業部 海外営業チーム 主事

略歴
2008年 住友重機械ファインテック株式会社入社
     営業企画として主にマーケティング等営業サポートに従事
2011年 クーラントシステム営業に異動
     国内営業として活動
2012年~ クーラントシステム海外営業
     東南アジア担当としてタイを中心に東南アジアにて活動中

Contact Us

OFFICE TEL:+66(0)38-215-784

Mobile:
+66(0)89-788-2508(山田)
Email:
haru@ymtt.co.th

Mobile:
+66(0)81-702-5444(内谷)
Email:
uchitani@ymtt.co.th

Mobile:
+66(0)81-753-4222(Ms.AMM)
Email:
treerawan@ymtt.co.th