• ホーム
  • >
  • ニュース
  • >
  • タイ以外でも拡大するASEANの自動計量機への需要! ヤマトスケール展示会出展レポート ベトナム編

タイ以外でも拡大するASEANの自動計量機への需要! ヤマトスケール展示会出展レポート ベトナム編

28/09/2018
伊勢 聡
マネージングダイレクター

ヤマトスケールは、日本の計量機市場でトップクラスのシェアを占める大和製衡のタイ法人です。

ヤマトスケールは、タイ以外の将来有望なASEAN地域での展示会に積極的に出展し、営業活動を行っています。
今回は、8月22日~24日にベトナム・ホーチミンで開催された水産食品業界の展示会“Vietfish2018”に出展した模様をお伝えします。
この展示会は、毎年開催されており、世界各国から約3万人の来場があります。主な出展社は、ベトナム、タイ、中国、香港、韓国、フィリピンなどの計量包装機や検査機、冷蔵機などの機器メーカーで、約200社が出展しています。


当社は、ベトナムの販売代理店2社のブースに半自動計量機(TSDW-206W)と自動重量選別機のJシリーズチェッカー(CMJ30L)を展示しました。
特に、計量業界で他社にないヤマトスケール独自の半自動計量機TSDW-206Wは、大変多くの来場者から関心と引き合いを頂きました。来場者が抱えている悩みや問題は、自動計量時の製品付着や壊れ、損傷などが挙げられます。TSDW-206Wは、水産食品の生産作業との相性が良く、その性能を最大限に発揮することが出来ます。本製品が、お客様に問題の解決以上の成果をもたらすことをお約束します。

TSDW-206Wに関心を寄せる来場者たち


また、自動重量選別機(オートチェッカー)CMJ30Lは、MKT Group社のブースで展示しました。この製品は、2016年に販売を開始した新シリーズです。業界最高水準の性能に加えて、ひょう量30kgまで対応可能な大型重量タイプのチェッカーです。展示会初日に展示機が売約済みになるなど、この製品も来場者から大きな反響を頂きました。


CMJ30Lの展示の様子


今回の展示会では、高性能・高品質の機器に対する来場者の関心の高まりを感じることが出来ました。ベトナムは経済成長が続き、消費者の食の安全や品質に対する意識が高まってきています。国内向け食品はもちろん、輸出向け食品の品質向上も今後の課題になるでしょう。そのような中でベトナム市場での計量ニーズに当社はお応えいたします。
ベトナムのお問合せは下記まで(現地では当社の代理店が対応致します)。



OFFICE
Tel : +66(0)2-136-9773

伊勢
Mobile : +66(0)99-287-5832
Email : ise-s@yamato-scale.co.jp

Contact Us

OFFICE
Tel : +66(0)2-136-9773

伊勢
Mobile : +66(0)99-287-5832
Email : ise-s@yamato-scale.co.jp