• ホーム
  • >
  • ニュース
  • >
  • タイ以外でも拡大するASEANの自動計量機への需要! ヤマトスケール展示会出展レポート ミャンマー編

タイ以外でも拡大するASEANの自動計量機への需要! ヤマトスケール展示会出展レポート ミャンマー編

28/09/2018
伊勢 聡
マネージングダイレクター

ヤマトスケールは、日本の計量機市場でトップクラスのシェアを占める大和製衡のタイ法人です。

ヤマトスケールは、タイ以外の将来有望なASEAN地域での展示会に積極的に出展し、営業活動を行っています。今回は、ミャンマーのヤンゴンで9月13日~15日に開催された“ProPak Myanmar2018”に出展した模様をお伝えいたします。当該展示会は、今年で5回目を迎え、ASEANを中心に21か国、約130社が出展しました。来場者数は3,500~4,000人とみられます。

来場者で賑わう会場内


さて、今回の展示会は、当社の販売代理店となるミャンマーで最大手の計量機メーカーのサポートを受けながらも、初の自社ブースでの出展となりました。ブースでは、半自動計量機2機種(TSDW-206W、TDW-205W)と自動重量選別機のJシリーズチェッカーCSJ06Lを展示。

半自動計量機のデモの様子


ミャンマーに進出しているタイや、地元ミャンマーから多くの食品メーカーのお客様が当社ブースを訪れました。特に、計量業界においては他社にはないヤマトスケール独自の半自動計量機(TSDW-206W)の展示では、サンプル食品を使用したデモ展示には人だかりができるなど、自動化製品への関心の高さを伺い知ることが出来ました。

民主化を進めるミャンマーですが、政治も経済もまだまだ不安定な状態です。また、食品関連工場の設備インフラの整備も充分ではありません。しかし、ミャンマーは、大きな人口を持つ中国、インド、バングラディッシュ、そしてタイに隣接し、食料生産拠点として大きな可能性を秘めています。また、民主化の進展で更に外資を取り込むことが出来れば、インフラの整備も急速に進むと思われます。
当社としては、今後のミャンマーの食品市場の大きな成長に期待して、引き続き製品販売を拡大していきます。

ミャンマーのお問合せは下記まで(現地では当社の代理店が対応致します)。


Yamato Scale (Thailand)Co.,Ltd.情報
OFFICE
Tel : +66(0)2-136-9773

伊勢
Mobile : +66(0)99-287-5832
Email : ise-s@yamato-scale.co.jp

Contact Us

OFFICE
Tel : +66(0)2-136-9773

伊勢
Mobile : +66(0)99-287-5832
Email : ise-s@yamato-scale.co.jp