• ホーム
  • >
  • ニュース
  • >
  • RFID、テレマティクス技術でタイの運送事業をサポート。トラック輸送品質分析サービスを開始!

RFID、テレマティクス技術でタイの運送事業をサポート。トラック輸送品質分析サービスを開始!

20/04/2020
野末 真利
セールスアドバイザー

タイでは、荷主様がトラック輸送サービスに高い品質を求める傾向が強まっています。

例えば、新たな輸送ルートを走行する際に荷物が受けるダメージのリスク把握や、実際の品質状態を定量的に荷主様に提示できるデータが求められています。
データ収集のために、車載センサーやリアルタイム トラッキング システムを購入・設置する事は、輸送品質の「見える化」ができる一方、設備投資や通信費などのコスト負担が重荷となります。

そこで矢崎は、テスト走行の際など、必要な時にだけ輸送品質データを収集・分析できるサービスを考案しました。大きな設備投資を行なうことなく、対象区間・時間における輸送状態を「見える化」します。
それが、今回ご紹介する「トラック輸送品質分析サービス」です。


アクティブRFIDセンサーで、トラック輸送時の品質とリスクを「見える化」

輸送時の分析は、車両状態の確認だけでなく、専用の「アクティブRFIDセンサー」を用いて荷物への振動や温度の情報を収集することが可能です。
RFIDセンサーとは、無線通信システムを備えたセンサーです。
このセンサーをトラックなどの運送車両にインストールすることで、運用時の各種データを収集することができます。
同センサーによって一定期間記録されたデータを当社が回収し、分析します。
運送事業者様はこの分析結果を、自社輸送の品質管理やリスクの見える化に、そして、荷主企業に対する輸送状態の参考データとしてご活用いただけます。

▲アクティブRFIDセンサーが収められた専用ボックス


▲定型フォーマットによる分析レポート。お求めに応じて、カスタマイズが可能です

サービスの流れ

費用について

① データ収集、レポート作成パッケージ
・データ収集装置の設置および撤去(指定エリア、同一場所)
・24時間以内の走行データ収集
・定型フォーマットによるレポート作成

※ルート、輸送時間、庫内衝撃、庫内温度、安全運転スコアの情報を基にレポート化いたします。
※料金はお見積りいたします。
 

② 分析データのカスタマイズ
・必要データ、データ収集期間、レポートの作成イメージにより、別途お見積りいたします。


タイ矢崎のトラック輸送品質分析サービスに関しては、下記のフォーム、または連絡先からお問い合わせください。



お問い合わせ

下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

お電話、Eメールでもお受けしております。

ニュース Other News
Contact Us

Office
Tel: +66(0)2653-2550 Ext 308 

勝又 Katsumata
Mobile: +66(0)61‐386-2036
Email: koichi.katsumata@jp.yazaki.com

野末 Nozue
Mobile: +66(0)6-5717-8747
Email: masatoshi.nozue@jp.yazaki.com

Categories