• ホーム
  • >
  • ニュース
  • >
  • 【求荷求車サービスを知っていますか?】 矢崎グループがタイで新たな合弁会社を設立

【求荷求車サービスを知っていますか?】 矢崎グループがタイで新たな合弁会社を設立

31/10/2018
勝又 光一
セールスマネージャー

当社、矢崎グループは、日本の求荷求車サービス最大手のトラボックス㈱とタイの商用車テレマティクス事業最大手のDTCエンタープライズグループと、タイで求荷求車サービス「Tr@Box」を手掛ける合弁会社「Toramove」を設立致します。
サービススタートに際し、10月25日にバイテックにてプレス発表会を行いました。


※求荷求車サービスとは、荷物を運んでほしい荷主と荷物を運びたい運送会社をインターネットとGPSを活用してマッチングするサービスです。



【プレス発表会の様子】


求荷求車サービスを含めた商用車の統合プラットフォームを提供へ!

これまで、当社は、タイにおいてコネクティッド技術を活用した商用車テレマティクスサービスiQsanを展開し、ドライバーの運転技術向上、交通事故の抑制、燃費向上によるコスト削減と環境対応、貨物配送の品質向上などに貢献してきました。


タイの物流は、稼働率が低く非効率的と言われています。それは荷主と運送会社の需要と供給のマッチングが噛み合っていなかった為です。行きは荷物を満載していたトラックが、帰りは空の荷台で戻ってくることが少なからず起こっています。タイ政府は、これを稼働率はもちろん、交通渋滞への影響なども含めた大きな問題と捉えています。


この問題にアプローチする為、パートナーであるDTC社と協議をしていた中、日本で求荷求車サービスを広く展開するTrabox社にご賛同頂き、まずはタイにてTraboxサービスを展開する事となりました。このサービスを提供する事で、今まで我々が展開をしていた物流事業者様の「安全」、「省エネ」、「環境」、「効率」へのお手伝いに加え、新たな事業機会を創出頂く場を提供していきたいと考えております。


今後の第2ステップとして、日々蓄積されていく車両や荷物のデータを利用した付加価値サービスを準備しています。DTCと矢崎のテレマティクサービスから得られるリアルタイムデータやヒストリーデータを分析・活用する事で、より簡単に、精度高くマッチングを行う事を目的としています。又、既存の矢崎iQsanやDTCのGPSから得られる安全運転スコアを、Traboxへの参加事業者様のレーティングの一要素として活用し、輸送品質をしっかりと管理する運送事業者様がより選ばれやすくなるような仕組みを取り入れる事も考えております。


これら新要素を順次投入し、商用車の安全、燃費向上、配送品質の向上、積載率の向上などを統合的に管理できる商用車のプラットフォームとして、付加価値のあるコネクティッドサービスをご提供致します。


Trabox紹介動画はこちら
http://www.trabox.ne.jp/corporate/tvradio.html


■求荷求車サービスTraboxへのアクセス
求荷求車サービスTraboxは、以下URLよりアクセスしてください。
www.toramove.com


■サービス全般に関するお問合せ
詳細情報は下記までお問合せ下さい。

【日本語】
担当:勝又 光一 KOICHI KATSUMATA
Tel : +66 (0) 2653 2550 Ext 308
Email : koichi.katsumata@jp.yazaki.com

【タイ語/英語】
コールセンター
Tel: 1176 Press5