Array ( [0] => stdClass Object ( [id] => 1 [company_id] => 89 [image_url] => company-89-company-89-20210915_DENKEI_Slider (1).jpg [image_link] => [image_popup] => 0 [slide_id] => 1 [slide_list_name] => all ) [1] => stdClass Object ( [id] => 1 [company_id] => 89 [image_url] => company-89-company-89-company-89-company-89-Denkei_Slider2.jpg [image_link] => [image_popup] => 0 [slide_id] => 1 [slide_list_name] => all ) [2] => stdClass Object ( [id] => 1 [company_id] => 89 [image_url] => company-89-company-89-company-89-company-89-Denkei_Slider5.jpg [image_link] => [image_popup] => 0 [slide_id] => 1 [slide_list_name] => all ) [3] => stdClass Object ( [id] => 1 [company_id] => 89 [image_url] => company-89-company-89-company-89-company-89-Denkei_Slider6.jpg [image_link] => [image_popup] => 0 [slide_id] => 1 [slide_list_name] => all ) )
  • ホーム
  • >
  • ニュース
  • >
  • タイでの部品検査の品質を底上げするカートン光学の実体顕微鏡

タイでの部品検査の品質を底上げするカートン光学の実体顕微鏡

20/01/2023
サムライアジア編集部

顕微鏡 タイ カートン光学 日本電計

▲ Nihon Denkei (Thailand)社Deputy Sales Managerのポック氏と、Carton Optical (Siam)社Superviser Sales Engineerのウィーラウト氏

日本電計(タイランド)では、日本を代表する老舗光学機器メーカーであるカートン光学の製品を取り扱っている。
本稿では、同社のタイ法人であるCarton Optical (Siam) Co., Ltd.(以下、カートンサイアム) のセールスエンジニアのウィーラウト氏と日本電計(タイランド)のセールスマネージャーポック氏に取材し、2社での取り組みについて、およびおすすめの顕微鏡関連製品について紹介してもらった。


タイで実体顕微鏡の開発・製造を行う唯一の日系メーカー

2019年、当時のカートンサイアムの社長であったササキアキラ氏が、日本と同様にタイ法人同士でも協業したいという日本電計からの意向を受けて2社での協業がはじまった。

カートンサイアムは、1988年にタイに生産拠点を拡大し、実体顕微鏡の開発・製造の専門工場として設立された。タイ国内に生産工場があることで、日本と同様の高品質な製品でありながら、できるだけ価格をおさえた高いコストパフォーマンスを誇る製品の提供を実現している。

<カートンサイアム(カートン光学製品)の強み>
・自社で部品を生産しているため、予備部品を常時在庫し、緊急時でも迅速な対応が可能

・顕微鏡製品のサービスチームが在籍し、顧客に対してメンテナンス研修を提供

・勤続26年以上の豊富な知識と経験を持つ専門性の高いスタッフが在籍

・生産の全工程において品質検査を実施

・高品質でありながら、市場価格よりも約5~6割ほど安価な価格帯の製品ラインアップ

納期は最速1日から対応、設置サポートや使用に関する研修も実施

・国際基準である品質システムや環境マネジメントシステムの認証を取得(※ISO 9001 : 2015/ISO 14001 : 2015

顕微鏡 タイ カートン光学 日本電計

▲カートンサイアムの工場にて、CNC旋盤を用いた部品の生産工程

顕微鏡 タイ カートン光学 日本電計

▲ 左から、拡大鏡の数値設定とレンズ組立て工程の様子

高品質でお求めしやすい価格が特長の
カートン光学製実体顕微鏡

実体顕微鏡 タイ カートン光学 日本電計

▲カートン光学製 実体顕微鏡サンプル。左から、『NSWシリーズ』『SPZ-50』『DSZ-44』

カートン光学の実体顕微鏡の中から、タイでも需要の高い2製品を紹介する。

■ズーム式実体顕微鏡 SPZシリーズ
画面やコンピューター上に結果を表示する、CCDに接続可能なズーム式実体顕微鏡。倍率は6.7xから50xと幅広く、電子部品をはじめとする各種部品の品質検査に最適。

実体顕微鏡 タイ カートン光学 日本電計 SPZシリーズ

▲実態顕微鏡と画面モニターを接続した様子

■ 二変倍式・固定倍式実体顕微鏡 NSWシリーズ
この製品は、2つの倍率(10x 23mm /20x 11.5mm)を選択できる点と、お求めしやすい価格が特長だ。レンズが透明で、宝石の切子面で反射した光が使用者の目に入らないような仕様であるため、ジュエリー業界での需要が高い。その他業種でも、部品検査に用いられることが多い製品である。

実体顕微鏡 タイ カートン光学 日本電計 NSWシリーズ

購入前のデモテスト、購入後の使用レクチャーなどの
アフターサービスにも注力

同社は、製品品質のみならず、販売前後のサービス面においても力を入れている。
「当社の製品は、購入前に1週間の製品試用を行っていただけます。使用感や品質が、価格に見合うかどうか現場で実機を使用してご検討いただくことが可能です。また、顕微鏡は専門性の高い製品であるため、お客様に対して基本的な製品知識から、使用・保全に関するレクチャーも随時行っています。さらに、当社製の全ての顕微鏡は、機器番号によっていつ生産・販売されたのかを管理しているため、修理やメンテナンスもスムーズに行うことができるのです。
今後とも、日本電計と連携して、お客様の期待に応えることができる高品質な製品を提供し、タイ国内のモノづくりおよび検査工程の品質向上に貢献していきたいです」(カートンサイアムウィーラウト氏)


実体顕微鏡 タイ カートン光学 日本電計 

▲販売する製品は、機器番号によってトレーサビリティ管理している

Carton Optical (Siam) Co., Ltd

1988年に顕微鏡をはじめとする光学機器製品の生産拠点としてタイに設立。日本本社を中心に欧州・アジアなど全世界に販売を行っている。タイで製造を行う唯一の日系顕微鏡メーカー。

Carton Optical (Siam) Co., Ltd
Weerawut Teerabutvongkul
Supervisor Sales Engineer

2019年 セールスエンジニアとしてCarton Optical (Siam) Co., Ltdに入社
製品情報に関するアドバイスや製品提案、部品試験の実施や問題分析、その他サービスなどを担当。


タイで部品検査用 実体顕微鏡やルーペなどをお探しの方は、以下のフォームよりお問い合わせください。



お問い合わせ

下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

お電話、Eメールでもお受けしております。

運営会社であるKOA-SHA (THAILAND)(以下「当社」)は、当社が提供する各種サービス(以下「本サービス」)において、以下の通りプライバシーポリシー(以下「本ポリシー」)を定めます。

個人情報の定義

本ポリシーにおいて「個人情報」とは、生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等により特定の個人を識別することができるもの(他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別することができることとなるものも含む)を指します。

個人情報の取得

当社は、適法かつ公正な手段によって個人情報を取得します。

個人情報の利用

当社は、個人情報を、以下に示す目的の範囲内で、業務の遂行上必要な限りにおいて利用します。

  • 本サービスのユーザ個人に対して最適化された情報を配信するため
  • 統計的分析により本サービスの品質向上に役立てるため
  • 本サービスに対するお問い合わせへの対応のため
  • 各会員企業へのカタログダウンロードからの情報の提供
  • 本サービスに関するアンケートを実施するため
  • 当社の実施するキャンペーンや新製品等に関するご案内をお送りするため
  • その他、上記の利用目的に付随する目的
クッキーについて

当社は、本サービスサイトにおいて、クッキーを利用します。また、広告システムの一部においても、クッキーを利用することがあります。クッキーとは、ブラウザとサーバとの間で送受信した利用履歴等を、利用者の端末にファイルとして保存する技術です。利用者が、当社がクッキーを利用することを望まないときは、ご自分のブラウザにおいて、クッキーを拒否するよう設定することができます。ただし、クッキーを拒否した場合、ウェブサイトにおける本サービスの利用に際し、影響が生じる可能性があります。

個人情報の第三者提供

当社は、法令に定める場合を除き、個人情報を事前に本人の同意を得ることなく第三者に提供しません。

なお、当社は、次の場合には、個人情報にアクセスし、これを第三者に開示することがあります。

  • 利用者本人の同意がある場合
  • 法令または裁判所、行政機関等の法令に基づく判決、決定、命令等により開示を求められた場合
  • 当社の権利または財産を保護および防御するための措置に合理的に必要な場合
  • 当社やお客様、またはその他一般の人々の生命、身体または財産を保護するために必要な場合であって、利用者の同意を得ることが困難であるとき
  • 公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要な場合であって、利用者の同意を得ることが困難であるとき
  • 国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、利用者の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき
  • 統計的データなど利用者本人を識別することができない状態で開示・提供する場合
個人情報の管理
  • 当社は、個人情報の正確性を保ち、これを安全に管理します。
  • 当社は、個人情報の紛失、破壊、改ざんまたは漏えい等を防止するため、適正な情報セキュリティ対策を講じます。
  • 当社は、運営体制の整備や社員の教育等を通じて、個人情報を適切に管理し、個人情報の紛失、破壊、改ざんまたは漏えい等に対する予防措置を講じます。
個人情報の利用目的の通知、開示、訂正、利用停止等の求め

当社は、個人情報について、開示、訂正・追加・削除、利用停止・消去、第三者提供の停止または利用目的の通知にかかるお客様ご本人からの申出があった場合には、申出をいただいた方が本人であることを確認の上、個人情報保護法の定めにしたがい、誠実かつ速やかに対応します。

なお、申出が個人情報保護法の定める要件をみたさない場合、または、個人情報保護に関する法律、その他の法令により、開示等を拒絶することが認められる事由がある場合には、申出に沿えないことがあります。

また、開示等の求めに対してお客様から当社に支払っていただく手数料等はありません。ただし、お客様から当社宛の通信費、交通費および上記に定める本人確認の際にお客様側で資料等の準備を行っていただく際に発生する費用等については、お客様の負担とさせていただきます。

プライバシーポリシーの改定

当社は、個人情報の取り扱いに関する運用状況を適宜見直し、継続的な改善に努めるものとし、必要に応じて、本ポリシーを変更することがあります。変更後のプライバシーポリシーは、本サイト上で随時公表するものとします。

お問い合わせ先

当社の個人情報の取り扱いに関するお問い合わせは、msato@koasha.co.th 宛にお願いいたします。

2020年9月20日 制定

プライバシーポリシーの内容を確認し、同意します。
Please Wait
ニュース Other News
Contact Us

Head Office
Tel: +66(0)2-675-5688

吉野 Yoshino
Mobile: +66(0)88-974-0813
Email: yoshino@n-denkei.co.th

中村 Nakamura
Mobile: +66(0)92-601-2789
Email: nakamura@n-denkei.co.th

Laem Chabang sales office
Tel: +66(0)3849-5186~7

当ウェブサイトでは、サイトの利便性向上を目的に、クッキーを使用しております。
詳細はクッキーポリシーをご覧ください。サイト利用を継続することにより、クッキーの使用に同意するものとします。