Array ( [0] => stdClass Object ( [id] => 2903 [author_name] => サムライアジア編集部 [author_photo] => author-company-2903-author-company-2139-samurai_logo.jpg [author_job] => [title] => 高温多湿なタイの気候から大切な機材を守る「収納箱」を製作 [images] => news-company-2903-thumbnail2.jpg [description] => <span style="font-size:16px;"> <p>三翠社(タイランド)は、大きく分けて2つの事業を手掛けている。<br> 1つは、最新技術を用いて高精度で仕上げる「金属加工・金属塗装」、そしてもう1つが「収容箱」だ。</p> <br> <iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/Jk2CpQPo_Dc" title="YouTube video player" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe> <br> <h2>タイで「収容箱」が必要とされる理由</h2> <p>「収容箱」とは、基地局や局舎、シェルター、エンクロージャー、筐体とも呼ばれている金属製の箱のことで、外部環境から精密機器を守るための設備だ。</p> <p>頑丈なつくりに加え、内部には、電源、空調、セキュリティ機能を完備。温度や湿度、砂、ホコリなどの外部環境の影響を受けることなく、大切な機材を最適な状態で保護する。<br> 年間を通じて気温と湿度が高い熱帯モンスーン気候のタイにおいて、収納箱は備えておきたい設備のひとつだ。</p> <br> <h2>三翠社の収納箱の特長</h2> <p>収納箱は小型・中型から、産業設備用の大型まで、あらゆるサイズに対応。また用途や予算、納期など、顧客の希望に応じてカスタマイズも行なう。</p> <p><strong>■一貫生産</strong><br> ・設計、板金加工、塗装、組立て、検査、納品までを内製し、高品質、短納期を実現<br> <strong>■優れた金属加工技術</strong><br> ・鉄、ステンレス、アルミなど、0.8ミリから16ミリまでの加工が可能<br> (最大加工対応:鉄t.16.0mm.、ステンレスt.9.0mm.、アルミt.6.0mm.)<br> <strong>■カスタムメード、オーダーメードに対応</strong><br> ・堅牢なコンテナをベースとしたカスタムメード<br> ・素材、サイズ、レイアウトなどを自由に設計できるオーダーメード<br> <strong>■フレキシブル性</strong><br> ・工場内組立だけでなく、現地組立にも対応(コンテナ型を除く)<br> ・搬入困難な場所、狭い設置スペース、傾斜のある場所などにも設置可能(コンテナ型を除く)<br> ・可搬性に優れ、移動も可能<br> <strong>■豊富なオプション</strong><br> ・インバーター、蓄電池、トランス機、発電機などの設置にも対応</p> <p><img src="https://s3-ap-southeast-1.amazonaws.com/manufacturer-bucket/news-description/news-description-2903-2021-03-21 (1).png" class="center-block" width="100%" alt=""/></p> <br> <h2>多種多様な使用用途</h2> <p>収納箱は、下記の機器などの保護にも使用できる。<br> ・分電盤、制御盤<br> ・蓄電池、太陽光電池<br> ・消防無線<br> ・放送・通信設備 など</p> <p>また、同社の収納箱は、高い品質と性能がタイのMEA (Metropolitan Electricity Autority) にも認められ、モンクット王工科大学ラートクラバン校内の低圧配電盤(MDB)に採用されている。</p> <p><img src="https://s3-ap-southeast-1.amazonaws.com/manufacturer-bucket/news-description/news-description-2903-2021-03-21.png" class="center-block" width="100%" alt=""/></p> <h5>▲大学内に設置されている低圧配電盤</h5> <br> <h4>タイで収納箱の導入に関する相談は、問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。</h4> <style type="text/css"> h2 { font-size: 20px; font-weight: bold; color: #444444; line-height: 1.7em; padding: 0.25em 0.5em; background: transparent; border-left: solid 5px #444444; } h3 { font-size: 18px; line-height: 1.5em; font-weight:bold; margin-bottom: 0; } h4 { font-size: 16px; line-height: 1.5em; font-weight:bold; } h5 { font-size: 13px; line-height: 1.5em; margin-top: -1em; } p {margin-bottom: 1.25em; } </style> </span> [company_id] => 143 [language_id] => 3 [category_id] => 410 [created_by] => 16 [edited_by] => 5 [meta_title] => 高温多湿なタイの気候から大切な機材を守る「収納箱」を製作 [meta_description] => 三翠社(タイランド)は、大きく分けて2つの事業を手掛けている。 1つは、最新技術を用いて高精度で仕上げる「金属加工・金属塗装」、そしてもう1つが「収容箱」だ。 [is_private] => 0 [hidden_form] => 0 [display_type_id] => 1 [created_date] => 2021-03-31 10:42:14 [updated_date] => 2021-04-21 14:32:25 [meta_img] => news-description-2903-2021-03-21 (1).png [meta_link] => ) )
  • ホーム
  • >
  • ニュース
  • >
  • 高温多湿なタイの気候から大切な機材を守る「収納箱」を製作

高温多湿なタイの気候から大切な機材を守る「収納箱」を製作

31/03/2021
サムライアジア編集部

三翠社(タイランド)は、大きく分けて2つの事業を手掛けている。
1つは、最新技術を用いて高精度で仕上げる「金属加工・金属塗装」、そしてもう1つが「収容箱」だ。



タイで「収容箱」が必要とされる理由

「収容箱」とは、基地局や局舎、シェルター、エンクロージャー、筐体とも呼ばれている金属製の箱のことで、外部環境から精密機器を守るための設備だ。

頑丈なつくりに加え、内部には、電源、空調、セキュリティ機能を完備。温度や湿度、砂、ホコリなどの外部環境の影響を受けることなく、大切な機材を最適な状態で保護する。
年間を通じて気温と湿度が高い熱帯モンスーン気候のタイにおいて、収納箱は備えておきたい設備のひとつだ。


三翠社の収納箱の特長

収納箱は小型・中型から、産業設備用の大型まで、あらゆるサイズに対応。また用途や予算、納期など、顧客の希望に応じてカスタマイズも行なう。

■一貫生産
・設計、板金加工、塗装、組立て、検査、納品までを内製し、高品質、短納期を実現
■優れた金属加工技術
・鉄、ステンレス、アルミなど、0.8ミリから16ミリまでの加工が可能
(最大加工対応:鉄t.16.0mm.、ステンレスt.9.0mm.、アルミt.6.0mm.)
■カスタムメード、オーダーメードに対応
・堅牢なコンテナをベースとしたカスタムメード
・素材、サイズ、レイアウトなどを自由に設計できるオーダーメード
■フレキシブル性
・工場内組立だけでなく、現地組立にも対応(コンテナ型を除く)
・搬入困難な場所、狭い設置スペース、傾斜のある場所などにも設置可能(コンテナ型を除く)
・可搬性に優れ、移動も可能
■豊富なオプション
・インバーター、蓄電池、トランス機、発電機などの設置にも対応


多種多様な使用用途

収納箱は、下記の機器などの保護にも使用できる。
・分電盤、制御盤
・蓄電池、太陽光電池
・消防無線
・放送・通信設備 など

また、同社の収納箱は、高い品質と性能がタイのMEA (Metropolitan Electricity Autority) にも認められ、モンクット王工科大学ラートクラバン校内の低圧配電盤(MDB)に採用されている。

▲大学内に設置されている低圧配電盤

タイで収納箱の導入に関する相談は、問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。



お問い合わせ

下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

お電話、Eメールでもお受けしております。

ニュース Other News