• ホーム
  • >
  • ニュース
  • >
  • 【展示会告知】 軽くて丈夫な小型ロボット専用アルミ架台をタイで披露 MANUFACTURING EXPO 2019 

【展示会告知】 軽くて丈夫な小型ロボット専用アルミ架台をタイで披露 MANUFACTURING EXPO 2019 

08/05/2019
澤井 洋通
Sales Division Senior Manager

今年、タイ進出5年目を迎える、産業用アルミフレームメーカーNICオートテック(タイランド)。これまで以上に私どもの事業を知っていただこうと、6月19日からバンコクで開催される「MANUFACTURING EXPO 2019」に出展いたします。


出展情報 MANUFACTURING EXPO 2019(タイ) 

今回は産業用ロボット架台(アルミ製)を中心に展示予定。スチール製品に劣らず剛性があり、軽くてデザイン性にも優れている点や、コスト削減の観点からもアピールしていきます。性能と利便性を両立させた当社のアルミ架台を是非ご覧ください。

開催期間:2019年6月19日(水)~22日(土)
開催地:BITEC(Bang Na)
ブース:ホールNo.99  ブースNo. 9E06
展示内容:スカラロボット・垂直多関節ロボットを搭載したアルミフレームロボット架台の展示


写真はMETALEX2018出展時の様子


独自システムでトータルコスト削減に貢献する「小型ロボット専用アルミ架台」

当社はオーダーメイド型受注を得意とし、お客様のニーズを可能な限り製品に落とし込み、実用化してきました。自社開発した専用CADシステム「カクチャ」は、アルミフレーム設計・組立にかかる時間や労力を大きく軽減。さらに、業界初の「マーキングシステム」を開発し、ナットの位置やフレームの接続位置などを製品に予め印刷することで、スピーディーな組み立て・据え置きを実現しました。

こうした手間と労力の軽減、さらにはプラモデルのような組み立てやすさを取り入れ今回展示するのが、当社考案の規格品「ALFA KIT(アルファ・キット)」シリーズの「小型ロボット専用アルミ架台」です。規格品とはいえ用途に合わせ柔軟に設計され、規格外対応なども可能です。一括生産によりコスト面でも優れます。

高い剛性を持つアルミ架台が、ロボットのスムーズな動きを保障


今回開発したアルミ架台は、可搬性能が7kg以下。最も汎用性の高いのものに絞り込んでいます。人間と同一の環境で作業を進める協働ロボットや、人間の腕の動作に似た多軸性の垂直多関節ロボットなどがその対象です。

高い剛性を持ちながらもスチール製に比べて約3分の1の重量を実現。協働ロボットのスムーズな動きを保障します。軽くて丈夫なアルミ製だからこそ可能となる特性です。


性能・コスト面でも、アルミ製品への不安を払拭します

展示会でも、アルミフレームのスリムで軽量な点をお伝えしていきます。説得力あるデータとともに、スチール製品に決して劣らない長所を訴えていくつもりです。お客様のさまざまな相談や悩み事なども伺い、皆さんがアルミ製品に対して抱きがちな不安の払拭を目指します。トータルコストとしての負担を軽減するべく、最適な提案をさせて頂きます。

会場でお気軽にご相談ください!(写真はMETALEX2018出展時の様子)


■担当者紹介:澤井

2017年11月にタイに赴任し、早くも1年が経過。
タイでの最初の3カ月間は無我夢中の毎日でした。振り返るとめまぐるしい1年でしたが、貴重な体験も積むことができました。タイならではのしがらみにとらわれない人付き合いが、仕事の幅、さらには私個人の人的幅を広げてくれました。残る任期を懸命に尽力したいと思っています。



お問い合わせフォーム

下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

お電話、Eメールでもお受けしております。